膝の痛いあなたへ

こんにちは!
こじま整骨院の小島です。

今日は変形性関節症ついて書きたいと思います。

症状

中高年の女性によく発症します。
しかし男性でも見られることもあります。
整形外科のX-P検査で関節の隙間が狭くなっている。
また変形が認められる。

・動き始めの痛み
・歩くのがきつかったり
・特に正坐ができない
・階段の昇り降りで痛み

などの症状が出てきます。

治療

整形外科

ヒアルロン酸注射で痛みを和らげる。
関節水腫を抜く。

前の太ももを筋力トレーニングなどを進められます。
それでも改善されない場合は手術を勧められます。

こじま整骨院
全身の神経システムの異常を確認するために
当院にある計測器インサイトで検査をします。




インサイト検査




施術は




トルクリリーステクニックで

身体の自律神経の状態を確認し




s_0222_059 (2)



調節をして身体の神経バランスを整えます。




s_0222_060 (1)





変形性膝関節症の改善ポイント

症状で一番治りづらいのが、
ROM制限です。
つまり、動きの範囲が狭まってしまう事です。

ですのでこじま整骨院では
症状に応じて、
特にひざのストレッチをやっていただきます。

具体的には正坐を手をつきながら
出来る範囲までやっていただきます。

ポイント
『痛ててて』という感じのところまで頑張ってもらいます。
ズキっとする所までやるとやりすぎです。

そこまで言ったら初めは数秒単位でキープします。
これを繰り返しやることによって正坐ができるように
なる方が多々いらっしゃいます。

やりすぎは危険ですので無理なく続けてみてくださいね。

*変形性膝関節症でお悩みの方、ぜひ一度こじま整骨院にご相談ください。

コメント


認証コード3476

コメントは管理者の承認後に表示されます。