ぽかぽかな子宮作りについて

新たな生命が宿る子宮。
女性にしかない特別な臓器でぽかぽかの状態を好みます。

ここでは
あなた自身が出来るぽかぽかな子宮作りについて書いていこうと思います。

子宮の機能が整うとこんなに良いことが起きます。

1、月経が整う。
25~38日周期だと言われています。最近はさまざまストレスで不順になる方も多いですね。

2、月経中のイライラや痛みが楽になる。
過度の痛みやだるさ、頭痛や肩こり・腰痛さまざまな症状が緩和されます。

3、お肌の調子がよくなる。
月経が整うことでエストロゲンの分泌がよくなりお肌の調子整えてくれます。

4、赤ちゃんが授かりやすい状態になりえます。
月経やホルモンバランスが整うと赤ちゃんが授かりやすい状態になります。

子宮と自律神経の関係

あなたの身体には自律神経という意識をしなくても
自然と働いてくれる大切な身体の調整機能が備わっています。

子宮も同じく自律神経と大変深いかかわりをしています。

通常の場合、自律神経は交感神経と副交感神経の二つに分けられます。

交感神経は身体を動かしたりする戦闘モードのときに
副交感神経はリラックスした時に働く機能です。

しかし子宮は交感神経からしか支配は受けていません。

これはおなかにいる赤ちゃんを守るためです。
妊娠中にストレスを受けるたびに子宮が縮まっていたら流産させてしまいます。

交感神経が働くと子宮は緩む方向に働くのです。
おなかの中の生命をまもる身体のすばらしいシステムです。

しかしだからと言って交感神経を優位にしていいかというとそうではありません。
他の臓器は血流が悪くなり、結果的に子宮も冷えてしまい身体はさまざまな症状が出てきます。

子宮を冷やす気を付けたい習慣。

1.添加物の多い加工食品やファーストフードを極力避ける。
栄養の偏りがでるので血流循環が悪くなり子宮も冷えてしまいます。
バランスの良い食事や温かいものを取るようにします。

2.冷たい物や甘いものを極力避ける。
冷たい物はもちろん砂糖などの甘いものは体温を下げ交感神経を優位にします。
とくに砂糖が好きな方が多いのでお気を付け下さい。

3。運動不足を解消する
運動不足も血流低下の要因です。
外に出たときに階段を使う極力歩く習慣をつけてください。